椿油がたっぷり

先日、テレビを見ていたら、東京の下町を案内する旅番組をやっていました。
そのテーマが、女子力をアップさせるお買い物というものでしたので、つい、見入ってしまいました。
最新のアイテムかと思いきや、下町でのお買い物で女子力アップということなので、必然的に売っているものが和風になりました。
けれど、最近はふろしきや手ぬぐいなど、和の小物が女性に支持され、これが女子力アップのアイテムになっています。
この番組内でもいろいろなものが紹介されていましたが、私がもっとも気になったのが、柘植櫛でした。
なんとこの柘植櫛、3年間も引き出しの中で椿油に浸って作り上げられるそうです。
引き出しの中に椿油を入れて、その中に丁寧に寝かせられていたのをみて、手法はもちろんのこと、そのたっぷりの椿油の量にも驚きました。
その中でたゆたうようにして整然と並ぶ柘植櫛を見ながら、確かにここまでじっくりと椿油をしみこませた櫛でといたら、髪がつやつやになるのもわかると思いました。